くまもと子育てホームページ


戻る
ホーム
子育て情報
リトルエンジェル支援事業(極低出生体重児支援事業) (りとるえんじぇるしえんじぎょう(ごくていしゅっしょうたいじゅうじしえんじぎょう))

概要・目的

 極低出生体重児(出生体重1500g未満児)は、出生直後から長期入院により母子分離を余儀なくされることなどから、保護者の不安は大きく、よりきめ細かな育児支援が必要とされています。
  保健・医療・福祉の関係者が連携して継続的な支援を行うことにより、健やかな子どもの育ちと御家族の育児不安の軽減を図ります。
分類

結婚〜妊娠〜出産 > 出産したら
内容

@専用の育児支援手帳「リトルエンジェル手帳」の交付:極低出生体重児の保護者に、専用の手帳を交付します。
ANICUにおける家族のこころのケア:臨床心理士が県内NICU(新生児集中治療室)に入院された極低出生体重児の保護者へカウンセリングを行います。
B地域の保健師のNICU訪問:お住まいの地域の保健師が、必要に応じて県内NICUへ訪問し、保護者の悩みや不安に対応します。
C地域における子育て支援:保健師が必要に応じて家庭訪問を実施します。
D親同士の情報交換支援:各保健所では、「親と子の交流教室」を開催し、保護者同士の情報交換や仲間づくりについて支援し、また、個別相談にも応じます。
E修正1才6ヵ月と3歳の時点で、フォローアップ健診を行い、児の成長発達にあった支援を行います。
お問い合わせ先

熊本県子ども未来課096−333−2209、または、お住まいの地域の県保健所・熊本市各区役所保健子ども課


▲ページの先頭へ


戻る
ホーム
Copyrights(c)2005 Pref Kumamoto All Rights Reserved