くまもと子育てホームページ


戻る
ホーム
子育て情報
未熟児養育医療 (みじゅくじよういくいりょう)

概要・目的

 出生時体重が2kg以下または、生活力が特に弱い赤ちゃんで、入院治療を必要とする場合に、生後速やかに適切な措置を講じるために、医療の給付を行います。
分類

結婚〜妊娠〜出産 > 出産したら
内容

●給付対象者
 ・身体の発育が未熟なまま出生した乳児
  ☆たとえば次のいずれかの症状等を有している場合
   ・出生児体重 2,000g以下 
   ・運動不安、けいれん、強度のチアノーゼ、呼吸数増加、黄疸等
●給付内容
  指定養育医療機関における入院医療のみ(食事を含む)
  正常児が出生時に有する諸機能を得るに至るまで(1歳未満)
●費用負担
   給付を受けた児童の養育医療に要する費用のうち、保護者の負担能力に応じ徴収金があります。
お問い合わせ先

県の各保健所又は、県庁子ども未来課
(熊本市在住の方は、熊本市健康づくり推進課)
※平成25年4月1日から、問い合わせ先及び申請窓口がお住まいの各市町村役場になります。


▲ページの先頭へ


戻る
ホーム
Copyrights(c)2005 Pref Kumamoto All Rights Reserved