くまもと子育てホームページ


戻る
ホーム
子育て情報
里親制度 (さとおやせいど)

概要・目的

 養育困難や児童虐待などさまざまな事情により、家庭で生活することができない子どもに家庭的な環境を提供し、心身ともに健やかに育てることを目的とする児童福祉法に基づいた制度です。
分類

子どもの福祉 > 子どもの生活・入所施設
内容

○里親とは
 養育困難や児童虐待などさまざまな事情により実親の元で生活することができない子どもを、自らの家庭に迎えて養育することを希望する方で、県知事等が適当と認めた方です。

○里親になるためには
 里親になることを希望される方は、県にその旨を申し込む必要があります。里親制度の詳細やお申し込みにつきましては、お近くの児童相談所にご相談ください。
 お申し込み後、児童相談所職員がご家庭にお伺いし、家庭状況の確認を行います。併せて、希望する里親の区分によっては、研修の受講が必要となります。
 家庭状況の確認・研修の受講後、県知事等により認定・登録を行います。

○子どもの委託
 子どもを委託する場合は、里親家庭の状況や希望、子ども自身や保護者、児童福祉施設などの意見を十分考慮し、その子どもに最も適した里親家庭に委託します。

○費用
 子どもを委託した場合、県から子どもの養育に必要な費用が支払われます。

〇ホームページアドレス
http://www.pref.kumamoto.jp./kiji_12893.html
お問い合わせ先

各児童相談所
http://portal.kumamoto-net.ne.jp/kosodate_info/content/asp/support/support_detail.asp?PageID=3&Bun=37&Ccl=43&tpg=1&PageType=list


▲ページの先頭へ


戻る
ホーム
Copyrights(c)2005 Pref Kumamoto All Rights Reserved