くまもと子育てホームページ


戻る
ホーム
子育て情報
児童入所施設 (じどうにゅうしょしせつ)

分類

子どもの福祉 > 子どもの生活・入所施設
内容

(1)児童養護施設
  乳児を除き、保護者のいない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて自立を支援することを目的とする施設です。

(2)乳児院
  乳児(保健上その他の理由により特に必要がある場合は、幼児(満1歳から小学校就学前)を含む。)を入所させて、養育することを目的とする施設です。

(3)児童自立支援施設
  不良行為をなし、又はなすおそれのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ、又は、保護者の下から通わせて、個々の児童の状況に応じて必要な指導を行い、その自立を支援する事を目的とする施設です。

(4)助産施設
  保護上必要があるにもかかわらず、経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦を入所させて、助産を受けさせることを目的とする施設です。

(5)情緒障害児短期治療施設
  軽度の情緒障害を有する児童を短期間入所させ、又は保護者の下から通わせて、情緒障害を治すことを目的とする施設です。

(6)児童自立援助ホーム
  児童自立援助ホームは、義務教育終了後、児童養護施設等を退所した児童等のうち、自立支援を必要とする児童に対し、これらの者が共同で生活する住居(「自立援助ホーム」)において、相談その他の日常生活上の援助及び生活指導を行い、児童の社会的自立を促すことを目的として設置された小規模ホームです。(児童福祉法第6条の2)

※(1)、(2)の施設では、ショートステイやトワイライトステイ、養育相談などを行い、地域に根ざした福祉サービスが提供されます。
・ ショートステイとは
  保護者が病気、出産、仕事上の理由等で、一時的に家庭での養育が困難なとき、子供を預かるサービスです。
・ トワイライトステイとは
  保護者の仕事等の理由で、帰宅が夜間となる場合、子供を預かり、夕食、入浴等のお世話をするサービスです。
お問い合わせ先

施設利用の際には、各福祉事務所、各児童相談所、各市町村(児童福祉主管課)等へご相談下さい。
その他

○職員体制
  施設長、児童指導員、保育士、栄養士、調理師、嘱託医、看護師、事務員等


 県内各施設の一覧


▲ページの先頭へ


戻る
ホーム
Copyrights(c)2005 Pref Kumamoto All Rights Reserved