くまもと子育てホームページ


戻る
ホーム
子育て情報
出産手当金 (しゅっさんてあてきん)

概要・目的

 加入者ご本人が出産のため仕事を休み、会社からお給料が受けられないときには、出産手当金が支給されます。これは、加入者の方の生活を保障し、安心して、産前、産後の休養ができるようにするため設けられている制度です。
分類

結婚〜妊娠〜出産 > 職場への手続き
内容

(条件)
次の条件を全て満たしていること。
・出産のため仕事を休んでいること。
・産休期間中に給与の支払いを受けていないこと。

(支給期間)
・出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間について支給されます。
※出産が予定よりおくれた場合
・予定日よりおくれて出産した場合は支給期間が、出産予定日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日の範囲内となっていますので、実際に出産した日までの期間も支給されることになります。たとえば、実際の出産が予定より4日おくれたという場合は、その4日分についても出産手当金が支給されます。 

(支給金額)
・出産手当金の支給日額は標準報酬日額の3分の2です。
・会社を休んでいても、事業主から報酬を受けられる場合は、その報酬を控除した額が出産手当金として支給されます。

(申請期限)
・出産手当金の支給期間内で出産のため休んだ日ごとにその翌日から2年以内
お問い合わせ先

加入されている健康保険の保険者(全国健康保険協会、共済組合、健康保険組合など)
その他

全国健康保険協会(協会けんぽ)加入者の方の申請書等はホームページからダウンロードできます。
 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/


▲ページの先頭へ


戻る
ホーム
Copyrights(c)2005 Pref Kumamoto All Rights Reserved